中3生 勉強の計画の立て方

「中3生の受験勉強は大変!!」と思っている人は

中3生の受験勉強は大変です。なぜなら、その範囲は中1から中3にまで及ぶの膨大なものになるからです。
これからのたった数ヶ月で中学3年分の勉強をしなければいけないなんてそりゃ気の遠くなる話ですよね。いったい何から手をつけたらいいのか?

実は、全てを一からやろうと思うから気が遠くなるのです。べつにこれまで学習してきたこと全てが理解できてないわけではありませんよね?みんな「得意な単元」と「苦手な単元」があるはずです。不幸にして全てが「苦手な単元」という人もいるかもしれません。でも、苦手だからといってまったく何もわからないのとは違いますよね?

そうなんです。受験勉強って実は、中学3年分の勉強を1から全てやらなければならないものではないのです!!苦手な単元だけをやればいいのです。

それからもう1つ言っておきましょう。どんな高校も満点でなければ合格できない高校なんてありません。つまり、満点ではなくて、合格最低点を取れればいいのです。

どうですか?少しは気持ちにゆとりができましたか?確かに中3生の受験勉強は大変です。しかし、では、何をすれば良いのか?冷静に考えてみれば、案外、やれそうな気がしてきませんか?

「勉強の計画の立て方がわからない!!」と言っている人は

いくら、中1から中3までの全ての勉強を一からやらなくてもいいとはいっても、では、具体的に何をどのようにやっていけばいいのか?「勉強の計画の立て方がわからない!!」と言っている人は多いと思います。

ですよねー。でもそれは、最終目標は「入試に合格すること」であってそれまでのステップが明確にされていないからです。合格するためにはどれだけのことができるようにならなければいけないのか?具体的にいえば、テストで何点とれなければいけないのか?或いは偏差値がどれくらいにならなければいけないのか?これを確認しましょう。

それがわかれば、そのためにはあと何点取らなければいけないのか?偏差値をどれだけ上げなければいけないのか?が明確になりますよね。

そうしたら、その点をどの科目でどれだけ取るようにするか考えましょう。例えば、合格最低点まであと30点必要だとしましょう。あと30点も必要だなんてまたまた、気の遠くなるような話に思えるかもしれません。でも、この30点を単純に教科の数の5でわってみたとしたら?各教科、あと6点ずつアップさせればいいことがわかります。もちろん、「国語ではもう、点を挙げる余地がないから、社会であと12点とれるようにしてみよう」なんていう具体的な作戦もいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です